貯水槽
ホーム困ったときは > 貯水槽

貯水槽

定期点検のおすすめ
貯水槽直結給水方式の場合、蛇口から出る水については、水を供給する市町村の水道局や水道部が責任を持ちます。しかし、貯水槽方式の場合、受水槽以降の水については、その建物の所有者や管理者の責任となります。また、貯水槽は水の出入りがあるため密閉された構造でなく、常に外気と触れていますし、サビや汚泥の沈積、タンクの亀裂や設備不良による有害物質や汚水、藻の発生、小動物などの混入などによって貯水槽内の水質が悪化し、利用者の健康を著しく害する恐れがあります。そのため、貯水槽の清掃が必要となります。
建物の所有者や管理者には、その水の利用者が安心して利用できる水を供給するため、一定の要件を満たす建物については年1回の貯水槽の清掃や設備・水質の定期点検が法的に義務付けられています。
法的に対象とならなくても、上記のような理由から年1回の清掃や設備・水質の定期点検をおすすめします。
水道法<簡易専用水道>で規制されるもの
市町村などの水道事業体から供給される水のみを水源とする飲料水の供給施設のうち、貯水槽の有効容量の合計が10立方メートルを超えるえるものを簡易専用水道と呼びます。
簡易専用水道の設置者、管理者は1年以内に1回定期的に貯水槽の清掃、点検を行い、厚生労働大臣指定の検査機関による法定検査を受けることが水道法によって義務づけられています。マンションやビルはこの簡易専用水道当てはまることが多いです。

貯水槽作業前

貯水槽作業後

Before

After

水道法<専用水道>で規制されるもの
寄宿舎、社宅等で人の飲用、炊事用、浴用、その他人の生活の用に供する自己水源(井戸水など)をもつ自家用水道で

1.居住者が100人を超えるもの。
2.飲用や生活用途に使われる水が1日最大給水量が20立方メートルを超えるもの。

また、宿舎、社宅等で人の飲用、炊事用、浴用、その他人の生活の用に供する水を他の水道水から受水するもので、
1.貯水槽の有効容量が100立方メートルを超えるもの。
2.口径25ミリメートルの導管(パイプ)の全長が1500メートルを超えるもの。

貯水槽作業前

貯水槽作業後

Before

 

After

ビル衛生管理法で規制を受けるもの
事務所、店舗、興行場、百貨店、旅館、学校等多数の人が使用するビルであって床面積3000平方メートル以上のものを特定建築物と呼びます。(学校教育法第1条に規定する学校にあっては8000平方メートル以上)

この特定建築物については、ビル衛生管理法により貯水槽の有効容量には関係なく、貯水槽の管理が義務づけられています。
また、宿舎、社宅等で人の飲用、炊事用、浴用、その他人の生活の用に供する水を他の水道水から受水するもので、

1.水槽の有効容量が100立方メートルを超えるもの。
2.口径25ミリメートルの導管(パイプ)の全長が1500メートルを超えるもの。
◀困ったときはの一覧にもどる
INFORMATION

■所在地

〒514-1254
三重県津市森町1614-2


■TEL

059-255-4065

■FAX

059-255-5575

■営業時間

7:30~17:00

■定休日

第二、第四土曜・日曜

ページ上部へ